So-net無料ブログ作成
使用感/レビュー ブログトップ

◆ どろあわわの「容器が使いにくい」という口コミがあった件について [使用感/レビュー]

公式HPにある口コミの書き込みをみると、容器が使いにくいという声があります。

私も最初はそう思いました。クニャクニャして使いにくいかなと。しかしながら、今現在はこの容器、なかなか優れものだと思うようになりました。


★固形石鹸タイプの悩み

いろいろな洗顔石鹸を試しています。その中に固形石鹸タイプのものがあるのですが、浴室にこれを置くとどうしても水が掛かって、どろどろになってしまいます。

シャワーの水が掛からないほど大きな浴室ならいいのですが、なかなかそうはいきません。濡れた手、水の掛かる環境で毎回ちょうどよい量の石鹸を使いたい時に、水分を含んだ固形石鹸ではなかなか難しいと改めて感じました。

★どろあわわのチューブ

sample.png

石鹸が液体ならポンプ、クリーム状ならチューブや平置きの容器、ゲル状なら・・ と石鹸の性状に応じて、 いろいろな容器があります。どろあわわは、ちょっと固めのペースト状です。

濡れた手で容器を開け閉めし、適量の石鹸を取り出す為には、何らかのチューブ状の容器がほしくなります。 どろあわわのチューブは、ゼリー状の飲料によくあるパック容器ですが、口径は1.5センチもあります。

しぶきの掛かる浴室内でハンドリングできて、粘土状の石鹸を搾り出すのに、よく考えられたパックだと感じました。




初回半額になる 公式サイトへ >> どろあわわ 公式通販HP


◆ どろあわわ は毛穴の汚れや黒ずみが気になる方には特におすすめです! [使用感/レビュー]


txt43.jpg
画像は健康コーポレーションさんのHPから引用

「 どろあわわ 」 を使ってみて、洗った後のしっとり感とか、いいところはいっぱいあるのですが、
期待以上に良い感じなのが、毛穴の汚れ落としです。


小鼻の横とか、鼻頭とか、角栓と共に毛穴には黒ずんだ汚れが溜まっているものです。
特に女性の場合には、毛穴の大きさや、でこぼこ、黒ずみ等が気になりだすと止まらない!


で、市販のテープなどを使って、角栓取りをやるわけですが・・・(私もあの快感好きです)・・・
あれをやると、事後を上手にケアしないと毛穴がどんどん開いていくそうで! (化粧品売り場に勤める知人の話)
 えっ そりゃ困りますよね。


「 どろあわわ 」 は、くちゃとかベントナイトなどの吸着性の泥粒子が、毛穴の奥の汚れまで吸い取りにいきますので、やさしく綺麗にしてくれます。 これが、"2トーンの明るさ”の一端になっています。


「 どろあわわ 」 の公式ページにあるユーザーコメントでも、毛穴対策がいちばんのおすすめに上がっています。 

毛穴でお悩みがあれば、ぜひともお試しあれ。



初回半額、2個なら送料も無料になる 公式サイトへ >> どろあわわ 公式通販HP


◆ どろあわわの もっちり弾力泡で洗顔する [使用感/レビュー]

FaceForm03.jpg

出来上がった泡で洗顔します。 どろあわわ付属の 「洗い方BOOK」 からご紹介しましょう。


  • 洗う準備 (じつは、泡立て前に準備があります)
  •   ・メイクを落としておきます。
      ・手を洗います。 汚れた手だと、よく泡立ちません!
      ・顔を素洗いします。 あらかじめ顔を湿らせるために、
       32℃くらいのぬるま湯ですすいでおきます。
      ・ネットを水に浸しておきます。

  • 泡立て ⇒ 楽しいので、別記事にしました^^ 

  • 洗顔
    • STEP1 : 弾力泡を顔全体にのせる。 泡の厚さは2cmを目安に。
    • STEP2 : 皮脂の多いTゾーンからなじませる。 
    • STEP3 : 上へ上へ持ち上げるようにすべらせる。 くるくるソフトに回します。
    • STEP4 : 年齢が出やすい首筋もきちんと。 下から上へ持ち上げるように。
    • STEP5 : ぬるま湯で、泡が残らないようにすすぎます。 丁寧に。
    • STEP6 : 清潔なタオルで抑えるように水分をふきとります。 ゴシゴシしないこと。

洗顔のポイントは、指で皮膚を直接こすらないよう、泡の上から泡を転がすように指を回すことです。 もちもちの泡の力でこねる感じですね。 とても気持ちイイですよ!


実際に使った感想は、

 「 洗った後に、パリパリしない。 
   普通洗顔の後はすぐに化粧水つけたくなるんだけど、 それがない! 」


という状態でした。 保湿成分・豆乳発酵液 のおかげですね。



初回半額でお得な公式サイトへ >> どろあわわ 公式通販HP


◆ どろあわわ付属のネットを使って もっちり弾力泡を作る(後編) [使用感/レビュー]



クリックで拡大します
Net04.jpg


ネットの中に どろあわわ のお団子を仕込んで、少量のお湯と一緒に揉んでいきます。

HandForm01.jpg
HandForm02.jpg
HandForm03.jpg

だんだん大きな固まりになってきました。 ネットのリングを持って絞り出すと、
生クリームのような もっちり泡 が完成します。 両手いっぱいの泡ができました。

HandForm03.jpg



初回半額でお得な公式サイトへ >> どろあわわ 通販HP


◆ どろあわわ付属のネットを使って もっちり弾力泡を作る(前編) [使用感/レビュー]



Net02.jpg


ネットを用意します。 初回限定のおまけについてきたものです。 
ループ状のナイロンネットの片側に、樹脂のリングがついています。


さぁ、どろあわわ を絞り出します。 付属の説明書によれば、一回の使用量は約1.5cm。
あとでわかったのですが、もっと少なくても十分使えますよ。

クリックで拡大します
Net00.jpg
Net03.jpg

絞り出した どろあわわ はコロコロと転がるくらいの固さがあります。
実際には、ペタペタくっつくので、転がる事はありませんが・・・・。
主人はこれを、「バリウム検査のときの・・・・・みたい」 と表現しました。
下品な表現ですみません!



初回半額でお得な公式サイトへ >> どろあわわ 通販HP


◆ もっちり弾力泡をご覧ください [使用感/レビュー]

HandForm05m.jpg

泡を作っている様子は、別途記事にしますが、実際に作った泡は、ほんとうにすごい弾力で、
しっかりしたネチっこいものです。 ご覧のように、手を逆さにしても落ちません。

まだトライしていませんが、公式HPには、泡の上に10円玉を載せたものが、
1時間以上沈まずにいる、とあります。 すごいですね。

「どろあわわ」 では、まったく初めて作った泡のかたまりですが、おまけのネットを使って、
間違いなく簡単に作れる事がわかりました。



初回半額になる 公式サイトへ >> どろあわわ 公式通販HP


使用感/レビュー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。